「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
憎悪を愛し過ぎてる気がします
2009年09月11日 (金) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! トッズ憎悪verA前提 !!

レハトは成人の儀で女を選んでます。
まさかのトッズ視点・トッズ語り。
トッズの微妙な心中をぼんやり書いたものなので、恐ろしく短いです。
そもそも憎悪じゃねえじゃん、みたいな感じです。
トッズの口調に果てしなく自信が持てないので、脳内補正お願いします。


ふむ。お主は相当トッズの憎悪verAが好きなようだな。

とか陛下の声が聞こえてきたんですが幻聴ですよね。
あはは、わかってたんだ。
でもマジな話、私どんだけトッズ憎悪verA好きなんですか。
おかしい、普通にラブってる話が好物のはずなのに……。

二次創作ブログやサイトにお住まいのアネキウス様(=管理人様)の作品を拝見してて思うのですが、うちのトッズ@憎悪verAなら、改心させんのチョロいな(ひどい言い方www)。
でも本当のところ、本気でチョロいと思います。
レハトの印愛・交渉がMAXならいける。いけるさ。
時間はかかるかもしれないけど。
要するに私に真の憎悪が書けないだけというオチ。

とてもどうでもいいけれど。
最近、トッズとハイラとドゥなんちゃらの口調が一緒になってくる病気に罹ってます。
トッズ! 治す薬くれ!!







 日 も あ の 声 が 世 界 を 揺 ら す 


 ――トッズ。

 風を伝って流れて来た声にのろのろと身を起こす。
 あーもう、いい気持ちで昼寝してたところだったのに。
 それにしても寵愛者様は一体何を考えていらっしゃるんだか。
 用もないのにトッズトッズって。
 馬鹿の一つ覚えみたいに人の名前呼んで。
 あーあ、参るよね、参っちゃうよね、本当。やめて欲しいよね、そういうのは。
 田舎から攫われる様に城に来た当初と違って、今じゃ顔見知りだって沢山いるはずでしょ? お前さんのそのご大層な選定印と容姿に釣られて言い寄る男だって腐るほどいるでしょう?
 俺はそれくらい知ってますよ。陰とは言え一応護衛ですからね。
 寂しいなら俺みたいな得体の知れない元裏切者じゃなくて、そいつらでも適当に部屋に連れ込めばいいじゃないの。 
 こっちは表舞台には出られない身の上なのよ。元より表に出る気なんざ、もうこれっぽっちもないんだけど。目立っちゃ不味いし、寵愛者様以外の人間に顔と名前が一致するようになっちゃもうお終いよ?

 ――トッズ。

 あーはいはいはい、聞こえてます聞こえてますってば。今行きますよ。そんなに急ぐこたあないでしょう。
 そんなに日に何度も呼ばなくたって、御身に危険が迫れば早急に参上仕りますから。さすがに見逃したりすることはしないですってば。だってそれが今の俺の仕事だし。
 でもそれ以外のお呼び出しは、正直なところ時間外手当を頂戴したいところですね、俺としては。
 第一、一度は俺じゃない他の人間に惹かれたくせに、今更俺を必要とするだなんて、俺が好きだなんて笑っちゃうね。チャンチャラおかしい。笑う以外にどうしようもない。
 そんなの一体誰が信じるって言うんだか。例え、他の馬鹿正直な誰かは騙せても、このトッズさんはそう簡単には騙せやしませんよ。
 何たって、そこらへんの阿呆な連中とは経験値が違いますから。

 ――トッズ。

 はいはい、ただ今ー。
 周囲に人気がないのを確認してから露台から堂々と不法侵入。
 そうやって俺が顔を見せるとあの子は無邪気に笑う。ひどく嬉しそうに。
 容姿は色気も何にもなかったガキの頃よりずっと綺麗になったのに、笑顔だけは前とちっとも変わらない。
 何で笑えるのかトッズさんにはさっぱり分かりませんね。
 だって気付いてるでしょ? 分かってるでしょ?
 俺がお前さんをどう思ってるのか。
 分からない程子どもじゃないし、馬鹿でもないはずだ。なのに今日もあの顔で笑う。初めて会った時とまるで変わらない笑顔で。
 こっちの狙いになんてとうの昔に気付いてるくせに。あのじじいにだって忠告されてるくせに。
 選定印目当てで近付いてくる貴族連中にはそこそこ警戒するようになったのに、肝心の俺には無防備とか明らかに間違ってる。そっちよりこっちの方がよっぽど危険なんですけど。
 分かっててやってるならともかく、分かってなさそうな感じ。
 でもわざわざ教えてあげたりとかしないよ、俺は。
 そんな優しさ、あの時に全部捨てたから。
 だからね、そんな声で名前を呼ぶのはやめてくださいよ、本当に。

 だって絆されちゃいそうになるでしょ?

[ 完 ]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック