「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
orz
2011年11月28日 (月) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! グレオニー愛情ルート前提 !!
レハト様:未分化(当たり前ですが)
護衛ルートなう
フェルツ視点


やせいレハトならちょろいんじゃね?

なんて軽い気持ちでレハゲを始めて失敗EDに辿りついた絶望感。
なぜだ、どうしてこうなった。


さて、フェルツの登場です。
愛情EDでもなきゃ、友情EDでもないよ!
期待には答えない!!
それが俺流さ!!
フェルツってなんとなく、グレオニーの巻き添えを食ってで貧乏籤を引いてる気がします。
御前試合の出場権譲ったりとか。
グレオニーのフォローしたりとか。
グレオニーの警邏当番代わったりとか。
でも、グレオニーのせいで、とは思ってないような。
そもそも貧乏籤を引いている自覚が無いような。
いい友達持ったな、グレオニー!!
しかし、これはカテゴリー的にはグレオニーに入れて良いのか、それ他に入れるべきか。

拍手ありがとうございます。
レハゲがんばります。
お返事はまた次回。





 解 な 依 頼

 左手には焼き菓子が三つ。
 右手には辿々しい文字が並んだ紙が一枚。
 俺はそれを交互に眺めて長い溜め息を吐いた。
 どちらも寵愛者様にもらった――と言うより、押し付けられたと言った方が正しいか。紙には寵愛者様がグレオニーに聞いて欲しいことが羅列してある。
 ちなみに最初は焼き菓子一個で頼み込まれたんだけど、寵愛者様が自分で聞いた方がよっぽど早いし、あの鈍感男もいい加減寵愛者様の想いに、ついでに自分自身の気持ちにも気付くんじゃないかと思って断ったら、なぜか三つに増やされた。どうも、焼き菓子ひとつ、という報酬を不服に感じていると勘違いされたらしい。
 それにしても、どうしてあの二人は両想いなことに気付かないんだろう。あんなにあからさまなのに。
 寵愛者様は頻繁に訓練場にやって来る割に訓練よりもグレオニーと話していることが多いし、舞踏会には顔を出さないらしいのに御前試合は毎回観戦してらっしゃる。
 グレオニーはグレオニーで寵愛者様がいらっしゃると明らかにそわそわし出す。この間なんか、手袋もらって脂下がりまくってた。寵愛者様直々のお声掛かりで護衛――とは言っても今はまだ様子見というか見習いらしいけど――に取り立てられた時も、なんだかんだで嬉しそうだったし。
 本当になんで気付かないんだ。
 衛士の中には、グレオニーのどこが良いのかと疑問に思ってる連中もいるけど、俺にはむしろあんなに好きですオーラが駄々漏れなのに、お互いそのことに気付かない方がよっぽど不思議でならない。
 鈍感さに関してもお似合いってことか。
 しかし、俺はこれをどうすればいいんだ。
 二つに折られた紙に改めて目を通してみる。

 何色が好きですか。
 恋人はいますか。
 どんな人が好きですか。
 年下は好きですか。
 髪は長いのが好きですか、短いのが好きですか。
 可愛いのと綺麗なの、どっちが好きですか。
 ギャップには萌えますか。
 Mですか。
 ヘタレですか。
 巨乳派ですか、貧乳派ですか。

 最後の方の質問は、本当にこれでいいのか? 方向性が変な方に向かってる気がする。
 でもなんと言うか、可愛いよな。弟の恋を見守る兄の気分だ。
 実際、あの二人の相性は決して悪くない。悪くないどころか、かなり良いと思う。寵愛者様が寵愛者じゃなくて、普通の使用人とかだったら、きっともっと早く上手くいくんだろうけど、世の中上手くはいかないもんだ。
 気乗りしない頼まれ事に俺はまた深く息を吐いた。
 大体において、本人たちが気付かないだけで想いの通じあってる二人の橋渡しほど意味がないことはない。まあ、救いようのない片想いの橋渡しもそれはそれで厄介だけど。
 だけど寵愛者様のことだ。顔を合わせる度に期待に満ちた目で俺を見るのは間違いない。それをグレオニーに変に誤解されてもなあ。誤解はあいつの専売特許みたいなもんだし。あいつの性格上、親友と奪い合うくらいなら身を引く。うじうじぐずぐず後ろ髪を全力で引かれつつも身を引く。そういう男なんだ。
 つまり、俺に示された選択肢は二つしかない。
 寵愛者様の希望通りグレオニー本人に直接聞くか、あるいは当たり障りのない回答を捏造するか。
 どちらを選んでも、面倒なことに変わりはないのが困りものだ。大体、当たり障りのない回答ってどんなのだよ。でも、グレオニーに聞こうにも、質問の中には男の俺が同じ男のグレオニーに聞くには、どうも不自然なものもあるし。
「どうするかな……」
 訓練場をわざと避けて歩き、時間を稼ぎながら、誰に聞かせるわけでもなく呟いた。

[ 完 ]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する