「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
最近読んだ本
2016年07月30日 (土) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! グレオニー愛情verAED前提 !!

視点:グレオニー
レハト様の職業はなんでも影響ないはずのでご想像にお任せします。


・わが身にたどる姫君
何も言わずまずはwikiでも見てくれ。
こ ん な 内 容 だ な ん て 知 ら な か っ た ん だ 。
でもまあ、3巻・4巻のあたりはそんなんでもないっす。
所詮、王朝文学ですから、アレなシーンは大体「あんなことをするなんて」とか「なんてひどいことを」とかでばっさり割愛されてるので。
6巻については、うん、まあなんだ、その……お察し
とりあえず全力で記憶力が試される話です。
だって全8巻で巻ごとに帝が変わるんだぜorz<なんで帝すぐ死んだり譲位したりしてしまうん?
※6巻だけ5巻と時系列が並行してるんで、変わらない。

・小夜衣
よくある継子話。
落窪物語に比べると全体的にぬるい印象。
え? 何がって?
読み比べてみると分かるヨ★

・とりかへばや
「ざ・ちぇんじ!」を読んで、ある程度人物関係図を叩き込んでからの方が理解しやすいと思います。
そして話の展開の違いに慄くと良い(゜-゜)
出てくる男君が大体手が早い
綺羅姫(♂)は引くレベル。というか引いた。あれはない。ひどい。

・夜の寝覚
源氏物語を踏襲したような内容。
ヒロインが不幸すぎてわろえない+男君が全くちっとも少しも空気読まない。
欠損巻が多過ぎて、時に目玉が飛び出るほどの超展開に。
(例:いつの間にか死んだり、結婚したり、子供が生まれたりしてる)
「どうしてこうなった(゜-゜)」とならざるを得ないので、欠損巻が早く発見されて欲しいものです。


拍手ありがとうございます。
まあ、こんな感じののろのろペースでお送りします。