「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
I'll be back しようとしてた
2016年05月31日 (火) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! グレオニー愛情verAED前提 !!

視点:グレオニー
レハト様の職業はなんでも影響ないはずなのでご想像にお任せします。
レハト様メッチャ喋ります。


今、SSタイトルセンスねーwww( ´_ゝ`)プークスクス、と思ったやつはそこ並べ。
端から順に鼻にアメリカザリガニぶら下げてやる。

というわけで、5月ギリギリで帰ってきました。
何してたのかって?

平安時代にどっぷり浸かってた★(・ω<)

いやー、駄目っすわ。
ジャパネスク人妻編(単行本)→ジャパネスク無印(愛蔵版)→ざ・ちぇんじ!(単行本)→おちくぼ(単行本)→ざ・ちぇんじ!(文庫本)→落窪物語(氷室冴子著)→舞え舞え蝸牛(田辺聖子著)→とりかへばや物語(鈴木裕子著)
なにこの無限ループ怖い。
私はどこに辿り着こうとしているのかしら。
古典の本気により、脳内でキャッキャウフフしてたはずの薬研もグレオニーもどっかに吹っ飛びました。
図書館で借りてきた「とりかえばや物語」ですが、これ、児童向けです。
そもそも内容的に児童向けとして存在していいのかどうか激しく疑わしい。
ちなみにどんな話か聞かれた場合、清らかな眼差しで「男がすぐ女を孕ます話」と答えます(゜-゜)<強ち間違ってねぇし


拍手ありがとうございました。
ジャパネスク、マジサイコー。平安ブラボー。
三食昼寝付きの後宮の片隅で忘れさられた存在で生きて行きたい(訳:働きたくないでござる)。