「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
謎しかない
2015年08月15日 (土) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! グレオニー愛情verAED前提 !!

前回の続き。正確には前々々回からの続き。
視点:ハイラ
グレオニーに出番があるようなないような。
!!注意!! レハト様、メッチャ喋るヨ★
(訳:喋らせないとどうにもならなかったorz)


鯉の力ってなんだよ。

唐突にすみません。
SSを見直してたら誤字に「鯉の力」ってあったので、つい(※正しくは「恋の力」で、公開前に修正済です)。
そもそも「鯉」という字をそんなに使わないのに、なんでそんな誤変換が出たのか意味がわからない。
なに、グレオニーに必要なものなの? 天啓なの?

と思ってググってみたところ、なんと、鯉には
胃潰瘍の抑制効果があるそうです。

そっちか、そういう実用的な意味で「鯉の力」なのか。
ハイラ、マジ博識。すごい。
そうだな、確かにグレオニーには鯉の力が必要だ。色んな意味で。
なんだろう、すごく納得した。
きっと、次から鍋の日に必ずレハト様から鯉の差し入れが届くんじゃないかな。
いや、レハト様のことだから、デートの時にそっとバスケットに鯉を忍ばせたりとかしそうだ。
どんなに生臭くたってグレオニーのためならへっちゃらなんだぜ。
グレオニーはへっちゃらじゃn……あ、気付かないか、グレオニーなら。
そんでもって可愛くラッピングとかしてあって、「これ、良かったら……」なんて言って差し出して。
「レハト様……わざわざ俺のために釣りを?」とかなんとか感激するグレオニー。
わー、これでSS一本書けそー(棒


拍手ありがとうございます。
暑くて耳から脳味噌出てきそうですイエー