「冠を持つ神の手」の感想やら妄想やら色々ごった煮です。
ソッ|ω ・ )
2015年04月27日 (月) | 編集 |
↓畳んでるSSもどきの説明

!! グレオニー愛情verAED前提 !!

視点:ハイラ
ぐれおにーのでばんなどほとんどない
!!注意!! レハト様、メッチャ喋るヨ★
(訳:喋らせないとどうにもならなかったorz)


お久しぶりです。
いや、むしろ始めましての方が挨拶として相応しい予感もしつつ。

今回、全5話です。
5話ありますが、ほとんど展開は同じです。
手を変え品を変え、レハト様とグレオニーがイチャイチャしようとするだけの話です。
うちのグレレハはイチャイチャする以外に能が無いんだよ!!
憎悪ルートの扉が硬すぎて開かないんだよ!!
え? 裏切り?
グレオニーが鍵穴に何か詰めたから、鍵がささらないよ(・ω・)<殺害は10年に1回くらい開く

刀剣が荒ぶるゲームは相変わらず大きい方の狐とW新入り虎徹がいません。
検非違使のガード固すぎだろ!! 早く虎徹落とせ、寄越せ!!
お前ら専用討伐隊組んだせいで枠がギリギリになってんだぞチキショー!!(現在刀剣空き枠「2」)
大きい狐が来ないのは、私がお稲荷さんが苦手なせいなのですか? 
「この本丸には稲荷寿司がないのですね(´・ω・`)」と思われてしまったのだろうか……ないけど
そして、グレオニー党員の審神者の推し刀が、突くこと以外能無しの槍と、主命に踊らされる打刀に偏っていて、決して揺るがない姿勢に震えました。
私も好きです。いいですよね、Wわんこ。
槍に至っては、カラーリング的に衛士に混じっても違和感ないんじゃないかとさえ思っています。逆もまた然り。
それにしても赤Tシャツのガードの固さは異常。
どういう素材なんだ、赤Tシャツ。


更新休止中も拍手をありがとうございました。
今後も緩い感じで参ります。